広州生地付属市場で成功するための秘訣:独特の商習慣と品質問題の対策

shoshukan広州生地市場

広州生地付属市場とは:素材手配の魅力と課題

広州生地付属市場はその小ロット、短納期での手配が可能という特徴を持つ巨大な衣料品素材の取引所です。

この特徴は、特に服作りにおいて非常に大きなメリットとなります。

しかし、その一方で広州生地付属市場には独特の商習慣が存在し、ビジネスを進める上で理解と対策が必要となります。

広州生地付属市場の独特な商習慣

それでは具体的に、広州市場の商習慣とは何でしょうか。

ここでは主に以下の3つの特徴を挙げております。

  1. 現金100%先払い – 広州市場では、一般的に商品を受け取る前に全額を先払いする必要があり、末締めの締め等掛けでの取引ができません。
  2. 返品、交換期限 – 商品が着荷後、3営業日以内に返品や交換の申請をする必要があります。
  3. 生地のカット買い – 生地を反物単位で購入した場合、返品、交換等の対応をしてもらえますが、反物の1反m数に満たない購入は切り売りとなり返品や交換の対象外となります。

これらの商習慣について理解し、予め対策を立てることが求められます。

商品の品質問題とリスク

さらに問題となるのが商品、特に生地の品質についてです。

生地に不良があった場合でも、売り手(店舗)がB品と認めない限りは返品が難しいのが現状です。

広州の生地付属市場の販売ターゲットは自国の中国国内を含め全世界のお客様がターゲットとなり日本市場向けは全体のごく一部しかありません。

御存知の通り日本市場向けの商品は、一般的に高い品質を要求されます。

しかしながら、全世界の市場がターゲットである広州生地付属市場においてはそこまでの高品質を求められないお客様も多く、他市場向けのお客様がOKの品質レベルであれば店舗はB品と認めず、不良返品に応じないという事が多々あります

これは購入者側が大きなリスクを背負うことを意味します。

kuguluと広州市場:過去の失敗と学び

kuguluチームも広州生地付属市場でのビジネスを通じて、数々の困難を経験してきました。

特に挙げられる例としてはサンプル作製時問題の無かった生地が、量産生地手配時に色ブレ、織り傷、汚れ、色落ち等々の問題で、使用することができず量産自体がキャンセル、あるいは別の生地を手配しなおすという事が多々発生しました。

生地付属の購入手配は、前金が原則ということもあり、店舗基準でB品と認めてもらえないなど、返金してもらう事が非常に難しく恐らく今までに数千万円単位の「勉強代」を支払ってきました。

KUGULUの対応:経験とリカバリー

しかし、それらの経験は我々KUGULUチームが広州市場の生地付属取引において他社に負けない実績と自信を築くことにつながりました。

1万品番以上を生産してきましたが現在でも同様の問題は未だ発生し続けています。

が、我々は問題が発生した際のリカバリーの方法も、対応する力となりました。

我々はこれからも広州生地付属市場の商習慣を理解し、その課題を解決するための知識と経験を皆さんと共有できればと考えています。

あなたが広州生地付属市場を利用しビジネスを始める際、またはすでに始めていて困ったことがある際には、ぜひkuguluチームにお問い合わせいただければ幸いです。

 

さらに情報が必要な場合や、何かご質問がありましたら、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

どのようなお問い合わせでもお気軽にご連絡いただければ幸いです。

お問い合わせ:https://www.kugulu.jp/contact/